ユニクロ|アーティストコラボ「山口歴」第2弾シリーズは買いなのか?UNIQLO メンズ ファストファッション 19SS

2019年3月15(金)にリリースされる

<UNIQLO(ユニクロ)>のアーティストコラボシリーズ、

「MEGURU YAMAGUCHI(山口歴/やまぐち めぐる)」。

今回で第2弾となるコラボアイテムは “買いなのか?” を考える記事になります!お見逃しなく!

ユニクロ|アーティストコラボ「山口歴」第2弾シリーズは買うべき?見送るべき?

出典 https://hypebeast.com/jp/

基本情報ついて

<UNIQLO(ユニクロ)>より

日本人アーティストの山口歴によるデザインを落とし込んだアパレルが

 

2018年6月の第1弾に続き、

第2弾が2019年3月15日に発売が決定した!

 

山口歴(やまぐち めぐる)とは?

1884年東京生まれ。2007年に渡米し、現在はブルックリン在住。
時代や国を超え普遍的に存在する伝統的な“筆跡/ブラッシュストローク”の手法を用いて、時代の表現に昇華するスタイルで創作活動を続けています。代表作品は、キャンバスという規定の枠組みを超えて「筆跡」自体が立体作品になった「OUT OF BOUNDS」シリーズ。
またそれを解体し、再構築させた「SPLITTING HORIZON」シリーズがあります。

出典 https://www.uniqlo.com/jp/

 

山口氏のアイコニックな

“ブラッシュストローク”の手法を用いた作品をご紹介すると、


出典 https://mastered.jp/

管理人コメ

まさに現代アートを感じさせる作品ですね〜。。

 

この作風からストリートシーンからも強い支持を集めており、

ストリートブランドとして有名な<STUSSY(ステューシー)>とのコラボレートもしており、

さらにストリートブランドだけではなく、

モードブランド<ISSEY MIYAKE MEN(イッセイミヤケ メン)>ともコラボレートしている!

その他にも、

“人”や“風景”をモチーフにした作品などがある。

管理人コメ

こういうタッチの作品もステキですね〜♪

コラボコレクションの特徴について


出典 https://hypebeast.com/jp/

ユニクロとのコラボコレクションの特徴は

上記でご紹介した山口氏のアイコニックな“ブラッシュストローク”のデザインが落とし込まれているところ!

前回のコラボコレクションでも同じ、

“ブラッシュストローク”のデザインが施されたコレクションでした。

【第1弾シリーズ】ドライEXT

【第1弾シリーズ】ポケッタブルパーカ

出典 https://www.uniqlo.com/jp/

そして、

今回の第2弾コレクションのラインナップですが、

ユニクロの汗などの水分を素早く乾かしてサラッとした肌触りをキープする

「ドライシリーズ」から

ドライEXプリントクルーネックT 2型、

ドライEXプリントポロシャツ 1型がリリース。

①ドライEXプリントクルーネックT(半袖・山口歴)


出典 https://www.uniqlo.com/jp/

カラー00 WHITE、69 NAVY
素材100% ポリエステル
品番417950

②ドライEXプリントクルーネックT(半袖・山口歴)


出典 https://www.uniqlo.com/jp/

カラー09 BLACK、64 BLUE
素材100% ポリエステル
品番420851

③ドライEXプリントポロシャツ(半袖・山口歴)


出典 https://www.uniqlo.com/jp/

カラー00 WHITE、69 NAVY
素材100% ポリエステル
品番417947

第1弾との違いは、

②ドライEXプリントクルーネックT(半袖・山口歴)】のアイテムが

今季19SSでトレンドになっている

“タイダイ柄”風に仕上げれるている点くらい。

ところで、

“皆さんはこのコラボコレクションを見てどんな印象を持ちましたか??”

管理人が持った印象は、

ユニクロの高機能ウェアに現代アートのデザインがミスマッチに感じてしまう…

もちろん、

山口歴のデザインはアート作品として素晴らしいと思いますし、シンプルにかっこいい!

ポップな作風がストリート系との相性は良いだろうし、当然、モード系との相性は言わずもがな。

しかし、

ユニクロのカラーである“ベーシックファッション”、

それも高機能ウェアのドライシリーズのアイテムに落とし込んむのはどうなん…?って思ってしまう…

一言で言うと、

ユニクロのテック系アイテムに凝ったデザインが入ってない方が◎


出典 https://www.uniqlo.com/jp/

山口歴のデザインとコラボコレクションを出すなら「UT」シリーズで、

彼の“人”や“風景”をモチーフにした作品を

グラフィックTシャツに落とし込むのが、1番しっくり来るかと。

結論として、

【山口歴×ユニクロ】のコラボコレクションは

“ブラッシュストローク”デザインが生かしきれない企画もので終始しており、

 

ユニクロのテック系アイテムを検討するなら、

シンプルな無地デザインのものを選ぶ方が啓明なのかもしれない。

あわせて読みたい記事

※当ブログに「GU UNIQLO コラボ」に関連した記事がありますので、

未読の方はぜひご覧ください!(以下のリンクカードからどうぞ)

19SS|ユニクロ × JW アンダーソン「買うべき&避けたい」全型レビュー!! UNIQL...
<UNIQLO(ユニクロ)>と<JW Anderson(JW アンダーソン)>のコラボライン「UNIQLO and JW ANDERSON」の2019年SS春夏コレクションが3月8日(金)より発売開始!この記...

ユニクロU|2019年春夏「買うべき&避けたい」全52型レビュー!! Uniqlo U(ユニク...
<UNIQLO(ユニクロ)>と<クリストフ・ルメール>のコラボライン「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年SS春夏コレクションが2月1日(金)より発売開始!この記事ではリ...

19SS|GU × STUDIO SEVEN「買うべき&避けたい」全29型レビュー!ジーユー NAOTO E...
EXILE /三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー、『NAOTO(ナオト)』が手掛けるブランド<STUDIO SEVEN(スタジオ セブン)>と<GU(ジーユー)>の異色のコラボコレ...

 

ご購入方法のお知らせ

第2弾となる

UNIQLO×MEGURU YAMAGUCHI 3型の販売情報ですが、

すでに、

ユニクロオンラインストア及びユニクロの通常店舗でも販売中。

気になったはぜひチェックしてみてください!

ARIGATO!

トップへ戻る