一万円で買えるコスパ最強アウターは「ユニクロ」シームレスダウンパーカでキマリ!おすすめ

今回はご紹介するのは「ユニクロ」のスタメンアウターの一つでもある

「シームレスダウンパーカ」

名の知れたブランドのダウンは3万円以上で出回っている一方、

ユニクロのダウンは1万円ほどのリーズナブルな価格で手に入り、

質感も高価な物と比べても遜色ない仕上がり!要チェック!

「ユニクロ シームレスダウンパーカ」特集


出典 http://www.uniqlo.com/jp/

今回ご紹介する「ユニクロ シームレスダウンパーカ」が

まず名前に称してしる“シームレス”という点について軽くご説明。

“シームレス”とは縫い目が無いこと。

繋ぎ目が無いことで風や雨を通しにくく

羽毛の噴出も防ぐことが出来ます。

このシームレス仕様は

ダウンの弱点である水に対しての耐水性の面で効果を発揮!

また、生地表面には撥水剤を固着しているのでさらなる耐水性を持ち合わしている。

また、

コチラのアウターは細部の仕様に凝っており、

首まわりにダウン入りの襟を付けることで、首元の防寒性アップ!


出典 http://www.uniqlo.com/jp/

袖は二重構造になっており、熱を逃がしにくい構造になっています!


出典 http://www.uniqlo.com/jp/

スマホや音楽プレイヤーなどを収納するのに便利なジップ付き内ポケットが左側に一つあり、

さらにイヤホンを通す穴まで完備と至れり尽くせりの仕様。

フロントポケットもジップ付きが両サイドに完備。


出典 http://www.uniqlo.com/jp/

今季モデルは裏地も同色にして、より落ち着いたデザインにアップデート。

右側にも内ポケットが一つ完備

そして、

重要なダウンの中綿には、90% ダウン10% フェザーとダウンが占める比率も十分!

これだけ素晴らしい仕様で、定価12,900円(+消費税)。

そんなコスパ最強の「ユニクロ シームレスダウンパーカ」は

リーズナブルな価格で質感の高さも兼ね備えている、

コスパに優れているアウターを探すとなると必ず上位の候補に挙がってくるアウターだと思います!

他には有名セレクトショップがユニクロなどに対抗して3万以下の2万円台の物をリリースしており、

例えば、

コチラは「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」のダウンジャケット。

【参考画像】JOURNAL STANDARD/ダウンJKT

出典 http://zozo.jp/shop/journalstandard/

価格は19,980円(+消費税)と名の知れたブランドの割にはかなりリーズナブルなアイテム。

しかし、ダウンの中綿は80% ダウン20% フェザー。

続いて、

コチラは「nano・universe(ナノユニバース)のダウンジャケット。

【参考画像】nano・universe/ダウンJKT

出典 http://zozo.jp/shop/nanouniverse/

コチラも有名セレクトショップにしては19,980円(+消費税)というリーズナブル。

しかし、ダウンの中綿は80% ダウン20% フェザー。

ユニクロと比べると、

中綿のダウン比率が低いこと価格が1万円位高くなってしまいます。

もちろん、

名の知れたブランドの場合、デザイン性・シルエットなどはカッコイイし、

何より量産型ファッションから一線を画するという点では魅力的!

さらに「GU(ジーユー)」からさらに安価の1万円以下の物もリリースしており、

コチラは「GU(ジーユー)」のダウンジャケット。

【参考画像】GU/ダウンJKT

出典 http://www.uniqlo.com/jp/gu/

価格は5,990円(+消費税)という低価格。

ダウンの中綿は80% ダウン20% フェザー。

ユニクロと比べると、

ダウンの比率もそれなりにありますが、見た目の質感が低い…

これはナイロン素材の質感がユニクロと比べて低いことが原因。

低密度のナイロンがアイテム全体の質感を落としている…

実物を見て頂ければ一発で分かるくらい違いがあり、

ユニクロの方が質感の高いナイロンが使われています

ナイロン素材には高密度に編んだナイロンがあり、

高級なアイテムのほとんどが高密度のナイロンを採用しています。

ユニクロのナイロン素材はマットな感じで相当いい線いっており、

ホント、2,3万円級のダウンの質感があります!

上記でジーユーは質感が低いと述べましたが、

学生さんや若者にとっては十分な質感であるとは間違いなく

あくまで大人が着るとなるとちょっと質感が物足りないかなあ〜って感じ。

でも、管理人的には無理してでもユニクロを推奨します!

上記の基準で照らし合わせて、

その中から1,2万円台のコスパの良いアウターとなると

「ユニクロ シームレスダウンパーカ」が最強ではないでしょうか!?

ダウンの比率・細部の機能性はもちろん、

デザイン性にもこだわりを感じられます!

それは、ダウンの量を各パーツで微妙に変えているところ


出典 http://www.uniqlo.com/jp/

どういうことかというと、

ユニクロの物は腕部分にはしっかりとダウンを入れていますが、

胴体の部分は若干ダウンを減らすことで、シルエットが着膨れしないように工夫されています!

非常にデザイン性にもこだわっており、有名ブランドのデザイン性にも負けず劣らず

この仕様は、ジーユーの物と比べるとよくわかります。

ジーユーの物は腕も胴体部分にもダウンがしっかり入っていますが、

その分、シルエットのことは度外視されています。

ファッション初心者の人が見ると、

「ダウンがしっかり入っていい感じ〜♪」と思いがちですが、

ユニクロの方がさらにその先を行っています!

着用してみると、

ジーユーの物は着膨れた感じが否めませんが、

ユニクロの物は着膨れた感じが最小限におさまっており、スタイリッシュさがあります!

【ユニクロ/シームレスダウンパーカ】

出典 http://www.uniqlo.com/jp/

画像だと伝わりにくいですが、

着てみると一発で分かります!

あと、ユニクロでもシームレスシリーズに着丈が長い

「シームレスダウンコート」がありますが、

「シームレスダウンパーカ」の方をおすすめしたい!

【参考画像】ユニクロ/シームレスダウンコート

出典 http://www.uniqlo.com/jp/

ビジネスメインに使うなら全然ありですが、

カジュアルにも使うならショート丈の方が断然使い勝手がいい!

これだけシンプルなデザインで着丈も長いとなると、

フツーのお父さんファッションになりがちなので注意!

もちろん、ロングは暖かくて良いんですけどね…

でも、かっこいいファッションにはガマンも大事!

トップスに「シームレスダウンパーカ」のボリュームがあるものを持ってきて、

ボトムスに細身のスキニーパンツを合わせて、

王道の「Yシルエット」コーデにしてあげれば簡単にトレンドの着こなしに。

あと、足元にボリュームがあるスニーカーを持ってくればさらに◎

3万以上、10万以上のかっこいい高級なダウンはいくらでもありますが、

「シームレスダウンパーカ」1万円の費用対効果は“エグい”ほど高く

これほどのアイテムは中々ないと思います。というか、他にないと思います!

現在、「シームレスダウンパーカ」は期間限定価格でもなく、

通常値下げで12,900円→9,990円になっています!

もちろん、現在の価格でも十分にお買い得ですが、

年も明けてのでもうちょっと値下げに期待したくなりますし、

上記で比較対象として挙げたミドルブランドのダウンも

セールで同時並行で安くなってくると思いますので、

その両方の価格を見比べて、

「5,000円プラスで収まるならジャーナルスタンダードの方が良いか!!」とか、

「シームレスダウンパーカが9,990円よりさらに安くなったら、そっちの方が良いか!!」など、

自分がドコを求めるかでチョイスすると賢いと思います!

現時点で、

コスパの良いアウターを探すとなると「シームレスダウンパーカ」がやはりおすすめ!

ぜひ一度チェックしてみてください!

ARIGATO!

『ユニクロ/シームレスダウンパーカ』のお問合わせ先はこちら >>

トップへ戻る